読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

私とクローン病と漢方と…。

中学3年生でクローン病と診断されるも、完治を目指して大阪の松本医院で漢方治療をしている高校生のブログ

見た目だけではわからない

こんにちは、ま〜ぶるです!

今日はポッキー&プリッツの日ですね(笑)

みなさんはポッキーとプリッツ、どっち派ですか?

 

僕は…ポッキーです。

どうでもいいですね、はい。

 

さて、今回は先日僕がエレベーターを使用したときに起こったことについて書こうと思います。

 

 

 

 

見た目は健康だけど

先日、僕はエレベーターを使用しました。

そのエレベーターは、怪我をしている人や妊婦さんなどといった、何か事情があり階段を使うのが厳しい人だけが使うことができる決まりでした。

 

僕は、そのとき腹痛と貧血でとても階段が上れるような体調ではありませんでした。なので、エレベーターを使うことにしました。

 

ところが、階段を使おうとしていた人たちが僕がエレベーターに乗るところをみて、

「なぜあの人はどこも怪我をしていないのにエレベーターを使うんだ。」

と小さな声で話しているのが聞こえてしまいました。

 

 

難しいですよね。

 

僕は外見は普通の高校生です。

まさかあの人がクローン病という難病を患っていて、そのために貧血と腹痛があるからエレベーターを使うなどということを、推測することは到底できません。

 

もし僕が逆の立場なら、きっと同じように

「なぜあの人は階段を使わないのだろう。」

と思ってしまいます。

 

 こればかりはどうしようもありません。

 

ではなぜこのような記事を書いたのか、ということになりますが…。

 

 

健康の(怪我をしていない)ように見えても、体の中では怪我をしている人がいる。

 

ということを伝えたかったので書きました。

 

クローン病は骨折で松葉杖をついていたり妊婦さんのようにお腹が大きくなるわけではありません。

外見は健康な人です。

ですが、体のなかではとてつもない戦いが繰り広げられています。

 

健康な人がエレベーターを使っているように見えても、

「もしかしたら何か事情があるのかな」と考えてみると

「なんで階段を使わないでラクしてるんだ」

とは思わなくなるのではないのでしょうか。

 

 

もちろん僕とは違う意見を持つ方もたくさんいらっしゃると思います。

しかし、もし自分がこのような状況で同じようなことを言われたら…悲しいですよね。

 

理解してくれる人が少しでも増えてくれたらと思っています。

 

 

 

次回は…

僕が避けている食べ物「ヨーグルト」について書こうと思います。半分雑談になりそうです。

(記事の内容は、予告なく変更することがあります)

松本医院HP

アトピー・喘息・リウマチ(アレルギー・膠原病)クローン病・潰瘍性大腸炎の漢方治療/漢方科 松本医院/高槻

 

ではまた次の記事で!!!!

 

 

広告を非表示にする