読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

私とクローン病と漢方と…。

中学3年生でクローン病と診断されるも、完治を目指して大阪の松本医院で漢方治療をしている高校生のブログ

絶食。

クローン病

こんにちは、ま〜ぶるです!

 

あけましておめでとうございます!!

2017年になりましたね。

 

今年もしっかりと免疫力を上げて行きたいと思います。

 

さて今回は、僕が絶食をしていた時のことについて書こうと思います。

 

 

 

 

1ヶ月半の絶食

僕が絶食をしていたのはクローン病が発覚してすぐの時です。

 

近所の大病院で検査入院をしていた1ヶ月半の間、絶食していました。

 

口にして良いものは水・お茶・スポーツドリンク・エレンタールでした。

 

固形物が食べられないので、食事ができません。

なので、エレンタールと点滴で栄養分を摂っていました。

 

しかし、エレンタールはフレーバーが数種類あるとはいえ、どれも甘いものばかりで、飲むのがとても苦痛でした。

 

しょっぱいものが口にできないので、常に歯磨きをして誤魔化していました。

 

精神的にだいぶきつかったです…。

「食べる」という行為が当たり前のように思っていた僕の「食事」への価値観は一気に変わりました。

 

では、僕がどのようにこの絶食期間を乗り切ったということについてですが…。

 

ズバリ!食べ物に関する本・動画・画像を見まくりました。

食べることはできなくても、視覚と聴覚でなんとか自分の食欲を満たし、乗り切りました。

 

あの時は、他の人が食べているもの全てがとてつもなく美味しそうに見えていました…。

 

今ではそんなことはありませんが、「食事」という行為は、絶食前よりも絶食後の方が何倍も楽しくなっています。

 

 

 

次回は…

数年ぶりにカレーライスを食べた感想(笑)について書こうと思います。

松本医院HP

 アトピー・喘息・リウマチ(アレルギー・膠原病)クローン病・潰瘍性大腸炎の漢方治療/漢方科 松本医院/高槻

 

ではまた次の記事で!!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

広告を非表示にする