私とクローン病と漢方と…。

中学3年生でクローン病と診断されるも、完治を目指して大阪の松本医院で漢方治療をしている高校生のブログ

精密検査を受けた時の話(造影剤有りCT検査編)

こんにちは、ま〜ぶるです!

 

今回の記事は前回の記事の続きです。

 

 

 

CT検査(造影剤有り)

大腸カメラと胃カメラの検査後にクローン病だと診断されたのですが、合併症の有無を調べるためにこの検査を受けました。

 

事前の説明を聞いた時に、造影剤の副作用に「吐き気」があると聞きましたが、確率は1%程度とのことでしたので、特に気にしませんでした。

 

 

検査の日は朝から点滴をしていて、その点滴を使って造影剤を入れました。

 

しかし、ここで異変が。

急に強烈な吐き気が襲って来ました。

 

この時はすでに絶食をしていたので、吐いてもでてくるのは朝に飲んだエレンタールのみです。

 

コーヒーフレーバーを入れて飲んだので真っ黒でした(笑)

運悪く1%を引いてしまいました…。

 

点滴を入れたまま横になっていれば終わるはずの検査が、想像よりも辛いものとなってしまいました。

 

 

 

次回は…

続きを書きます

(記事の内容は、予告なく変更することがあります)

松本医院HP

 

アトピー・喘息・リウマチ(アレルギー・膠原病)クローン病・潰瘍性大腸炎の漢方治療/漢方科 松本医院/高槻

 

ではまた次の記事で!!!!

 

 

広告を非表示にする