私とクローン病と漢方と…。

中学3年生でクローン病と診断されるも、完治を目指して大阪の松本医院で漢方治療をしている高校生のブログ

精密検査を受けた時の話(小腸・大腸造影編)

こんにちは、ま〜ぶるです!

 

3つの記事に分けて書いてきた「精密検査編」も本記事が最後です。

 

 

 

 

小腸造影(ゾンデ法)

今まで生きてきた中で、1番辛かった検査がこれです。

 

鼻から小腸までチューブを入れ、そのチューブを通して造影剤を小腸に流し込み、レントゲンを撮る検査なのですが…。

 

とにかく辛い。

 

鼻から喉を通してチューブを入れているので、常に吐き気があり呼吸をするのも一苦労です。

 

息を少し強く吸ったらすぐに催す吐き気…というか「オエッ」となります。

 

しかも造影剤を小腸に行き渡らせるために体勢を何度も変えさせられます。

もちろん体勢を変える度に吐きました。

 

そのような状態が30分ほど続く、地獄のような検査でした。

 

 

検査後は、検査室から病室までストレッチャーで運ばれました(笑)

 

病室についてからは嘔吐物の掃除や着替えで大変でした…。

 

 

大腸(注腸)造影

小腸造影で発見された内瘻の有無をはっきりさせるために受けたこの検査ですが、1番辛かったのはオナラでした。

 

空気をお尻から入れて塞がれるため、オナラを出したくても出せない、なんとも言えない辛さが検査中続き、さらに横になっている検査台が斜めになるので余計に大変でした。

 

ガキ使の年越しスペシャルの時に、出川さんと上島さんが「お尻に空気を入れて腕相撲をする」企画があるのですが、今となってはこの2人の凄さがわかります(笑)

 

オナラ(空気)を我慢するのは大変です…。

 

 

 

次回は…

蟻に襲撃されたことについて書こうと思います

(記事の内容は、予告なく変更することがあります)

松本医院HP

 アトピー・喘息・リウマチ(アレルギー・膠原病)クローン病・潰瘍性大腸炎の漢方治療/漢方科 松本医院/高槻

 

ではまた次の記事で!!!!